急遽な引越の車の購入

私が人生で一番お金を使ったのは車の購入の時です。
私は大学生の時から地元を離れて都心部へ一人暮らしをしていました。
その延長線上で就職も都心部でしたため、そのまま一人暮らしを続行しました。
住んでいるところが駅がすぐ近くにあり、都心部にも電車で何不自由なく移動できるため車の購入は全く考えていませんでした。
むしろ駐車場代や維持費のことを考えるとお金が掛かってしまってしょうがないので要らないと考えていました。
そんな矢先、私は急遽地元に帰り地元で就職することになりました。
私の地元は田舎で電車も一時間に2本あればいいような交通に不便なところでした。
車通勤が普通の環境だったので車の購入を強いられたのです。
幸いそれまでに貯めた貯金はあったので中古車をローンは組まず現金で購入することにしました。
まさか自分が地元に帰り、自分の車を持つようになるとは夢にも見ていませんでした。
今までろくに運転をしたことがなかったので、せっかく買った車を壊すまいと必死で事故を起こさないように運転の練習をしてました。
今では車での移動が当たり前のなっています。
人生で一番高かった買い物ですが、私を一回り成長させてくれる買い物だったのでよい経験でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする