突然の入院でたいへんでした

ある日のこと、突然息が苦しくなり、立っていられないほどになりました。
家族にかかりつけ医まで連れて行ってもらい、そのまま紹介状をもらって専門の病院に行き、即入院をしました。
突然のことで、準備などなにもしてありません。当座の肌着とタオル類は持って来てもらいましたが、箸やコップは使い捨ての物を買いました。パジャマは指定の物をレンタルです。
じっとしているだけの入院でしたが、意外と使ったのはテレビカードです。テレホンカードのようなカードをテレビに差し込んで見るもので、これが思いのほかたくさんいりました。ほぼ寝たきりでずっとテレビを眺めていたからです。ラジオが受信できない建物だったのでどうしようもありませんでした。
もちろん一番の出費は入院費用です。高額医療費の制度は知っていましたが、事前の申請などしていませんからいったんは支払わないといけません。検査もたくさんしたので結構な額になりました。退院して落ち着いてから、やっと高額医療費の支給申請をしました。医療保険も入っていたので申請して保険金が下り、なんとかしのぐことができました。
医療費は今はカード払いもできますが、日々の小さな支払いにはやはり現金が必要です。手元に現金を置く必要性を強く感じた出来事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする