芸能人は歯が命、一般人も歯が命?

私は昔から歯が弱くすぐ虫歯になっていて、奥歯を左右で3本抜いています。一本は抜歯したままで、後の2本はブリッジをしていました。ですが、そのブリッジがは外れてしまったのです。外れる前から少し歯茎がうずくような感じがしたり、歯磨きの時に血が出たりしていましたし、そこの部分は虫歯特有のニオイがしていたので、気付いた時点で歯医者に行けばよかったのですが、つい先延ばしにしていました。ですが、外れた以上は歯医者に行かなくてならないので、覚悟を決めて向かいました。外れた部分は素人の私が見ても酷い状態でしたが、またブリッジにできるかもしれないという一縷の望みをもっていました。でも、その一縷の望みは儚く消えてしまいました。ブリッジを支えていた歯は残しておけない状態で、新しくブリッジをするのは難しいとの事でした。となると、選択肢は3つです。抜歯をしたままか、部分入れ歯か、インプラントです。奥歯とはいえ、さすがに2本抜歯をしたままなのはまずいと思い、また年齢的にもまだ入れ歯を受け入れる事ができずインプラントを選択しました。しかし、定時された金額は1本25万。二本で50万はとても無理なので、とりあえずその場は無理やりブリッジを被せてもらいそのまま帰りました。どうしたものかと考えていると、同僚がインプラントにするというじゃありませんか。金額をきいてみると1本12万円だというのです。詳しく話を聞いてみると、同僚は街の歯科医ではなくインプラント専門のセンターでやるというのです。さっそく同僚に教えてもらったインプラントセンターに行きました。結果総額で23万程度で済みました。20万を超えているわけですから大金ではありますが、2本で50万に比べたらお得感はあります。今は快適にインプラント生活をしていますが、インプラントの寿命は10年~15年位ということを聞きました。でも、その時は60才前後だと思うので、ダメになった時は潔く入れ歯を選択しようと思っています。そして、今残っている歯を大切にし、これ以上失わないようにケアしていきたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする